嗅覚は、本能的な情動に訴える器官です。アロマは、この嗅覚を刺激するストレスケアで、メンタルを整える効果があると言われています。また、アロマは精油(エッセンシャルオイル)の元となる植物の種類によって、寝付きや冷え性の改善など、身体的な効果もあるとされています。

アロマテラピーは欧州で発達したものですが、現在では美容・健康法などに応用され、その種類や方法もさまざまです。本稿では、アロマテラピーについて解説します。

アロマテラピーで心も身体もリフレッシュ
(画像=Botamochy/Shutterstock.com)

アロマによる「ストレスケア」と「幸せ度」の増大

1990年代に日本でまたたく間に広がり、現在では一般的に知られるようになったアロマテラピー。アロマの紀元は古代ギリシャの医学に始まり、やがてインドやアラブの伝統医学と融合して、世界に広がっていったと言われています。

アロマで最も良く知られているのは、芳香によるリラックス効果でしょう。公益社団法人日本アロマ環境協会が調査したところ、日常生活にアロマを取り入れている人はそうでない人よりも“幸せ度”が高いという結果が出ました。

“幸せ度”というと抽象的ですが、アロマはストレスによる「だるさ」や「疲労感」、「不眠」などを改善し、それが“幸せ度”を高めるということなのでしょう。アロマはストレス軽減効果があり、それが幸せ度に貢献としていると言い換えられるかもしれません。

アロマのさまざまな効果

アロマは、精油の原料となる植物の種類によって、心理面・身体面にさまざまな効果をもたらします。

心理面では、不安感や緊張感を和らげ、落ち込んだり、ふさぎ込んだりといった憂うつ感を軽減する効果があります。身体面では、肩こりや疲労感、冷え性などを改善すると言われており、女性特有の生理痛や更年期障害などにも有効とされています。

アロマの「香り」にこのような効果があることを、不思議に思う人もいるかもしれません。アロマの成分は鼻の奥にある嗅覚受容体に作用し、神経を通じて大脳辺縁系や視床下部に伝わります。この結果、記憶や情動、自律神経や内分泌系を整え、心身のバランスを調整してくれるのです。

アロマの種類

アロマの総数は200種類を超えますが、大きく7つに分けられます。

  1. ① ハーブ系:ハッカやペパーミント、ローズマリーなどが代表で、スッキリとした清涼感で呼吸器に作用するものが多いです。
  2. ② フローラル系:花から抽出されるもので、香りと持続性が特徴であり、リラックス効果があります。ラベンダーやローズ、ジャスミン、ヒヤシンスなど多くの種類があります。
  3. ③ シトラス系:オレンジやレモン、ゆずなどのいわゆる柑橘系の香りです。さわやかかつ甘い香りで、リフレッシュ効果があります。
  4. ④ 樹脂系:植物の枝葉や幹から抽出される強い香りの粘液を、精油に溶かしたものです。花よりも香りが濃厚で、長く持続するため、長時間にわたってリラックス効果を得られます。ミルラやベンゾイン、エレミなどがあります。
  5. ⑤ 樹木系:日本人におなじみの「ひのき風呂」など、樹木を用いたアロマのことです。清涼感のある香りで、ヒノキやユーカリ、ローズウッドなどが代表的です。
  6. ⑥ スパイス系:ブラックペッパーやジンジャーなど、料理に使われるスパイスや香辛料のことです。心身をリフレッシュさせる効果があると言われています。
  7. ⑦ エキゾチック系:日本をはじめ、アジアの寺院などで用いられる「お香」を代表とするアロマです。白檀やサンダルウッドなどがあります。

このようにさまざまな種類と特徴のあるアロマですが、使用する際注意を要するアロマもあります。たとえば、肌が弱い人が刺激の強いスパイスを使ったり、運転しているときにリラックス効果のあるアロマを用いたりしないように気をつけましょう。

アロマで幸せ度の高い生活を

何かとストレスの多い現代ですが、短い時間であってもアロマを活用することでストレスを軽減したり、疲労を和らげたりすることができます。みなさんも、ご自身の生活スタイルに合わせてアロマを活用してみてはいかがでしょうか。

>>【無料eBook】30代で知りたかった「お金」の極意 後悔しない8つのポイント

【オススメ記事】