東京イーストエリアとは?その魅力をマンション経営の視点で解説
(画像=SydaProductions/stock.adobe.com)

東京では不動産価格の高止まりが指摘されており、実需はもちろんマンション経営のために購入する収益物件も価格は高値で推移しています。特に都心5区と呼ばれる中心エリアではその傾向が顕著で、これから新たにマンション経営に参入しようと考えている人の参入障壁を高めてしまっている側面があります。

そこで最近注目を集めているのが、東京23区の中でも東部にあたる「イーストエリア」です。都心部や城南、城西エリアと比べるとまだまだ値ごろ感のあるエリアや物件が散見され、交通アクセスが良好でありながら知名度はまだあまり高くなく、手が届きやすい価格の物件もあることから、マンション経営の候補地としても有望です。

また、新宿や渋谷のような大規模ターミナルがあまりないことから、ブランドイメージは高くないかもしれませんが、東京23区内であること、都心へのアクセスが良好であることなどを考えると、魅力的なエリアでもあります。

そこで今回は、注目の東京イーストエリアについてその定義や注目を集めている理由、さらにはイーストエリアでのマンション経営で留意したいことなどをまとめました。さらには、実際にイーストエリアでのマンション経営を検討されている人に向けて、おすすめのエリアを3つご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。