男女を問わず、「独身の人生を謳歌する」という選択肢を選ぶ人は一定数います。配偶者や子どもの心配をしないで済む分、単身者のライフプランは家族型のモデルケースとは異なり、シンプルなプランを描くことができるでしょう。もちろん、老後に対する不安なども生じるものの、これらを解消する手段も容易に提供することが可能です。本稿では、単身者のためのマンション経営のメリットについて説明します。

独身だから活用したい。老後に備えたマンション経営

単身者のライフプランはシンプルに描きやすい

日本において単身者の割合が増加傾向です。厚生労働省によると、2015年の50歳までの未婚率は男性24.2%、女性は14.9%となっています。つまり、男性の約4人に1人、女性の約7人に1人が未婚であるデータが出てきているのです。結婚をした場合、世帯収入で生活を考える必要が出てくるためライフプランは複雑になります。

一人暮らしであれば問題なかった賃貸住宅でも、子どもを授かった場合は手狭になるために一軒家の購入を検討する人もいるでしょう。また、子どもがいると大学進学に向けた学費などを考える必要も出てきます。一方、単身者のライフプランはどうでしょうか。ライフイベントが少ないかわりに自由がきく分、転職や起業などを手軽に行うことが期待できます。

また、趣味にお金をかける人も出てくることでしょう。仮にパートナーを持たないとしても、親の老後や介護などに出費する人も出てくるかもしれません。いずれであっても自分の意志一つでライフプランを描けるため、なるべく老後に備えてしっかり蓄えを作っておきたいところです。