ディアレイシャス両国
(画像=PIXTA)

両国国技館、江戸東京博物館などの有名スポットや観光名所があることで知られる両国の街。特に大相撲の開催時期には多くの人で街が賑わいます。墨田川沿いの遊歩道や旧安田庭園など、自然を感じる水辺のスポットも魅力的です。また、一本路地を入れば東京下町の風情を残す静かな住宅街が広がっており、観光面だけでなく住みやすさでも魅力ある街です。

そんな両国駅周辺の住宅街の一角に2020年4月に誕生したのが、7階建て、全19室からなる都市型オーナーズマンション「ディアレイシャス両国」です。最新のセキュリティー設備に加え、他のオーナーズマンションとは一線を画すスタイリッシュなデザインを備え、入居者の募集開始から瞬く間に満室となった人気のレジデンスです。

この「ディアレイシャス両国」の開発に関わった株式会社レイシャス開発事業部の大沢栄樹課長に、マンションとしての魅力や開発担当としてのこだわりを教えてもらいました。

江戸の風情の中に生活が息づく利便性の高い街

「ディアレイシャス両国」は、都営地下鉄大江戸線の両国駅から北東へ徒歩8分ほど。都営地下鉄 大江戸線は都心部を環状につなぐ路線で、六本木駅や新宿駅とダイレクトにつながる高い利便性を誇っています。JR総武線の両国駅も近く、こちらも秋葉原駅や新宿駅へ乗り換えなしで移動できます。

「商業地として賑わう錦糸町、東京スカイツリーやその下にあるソラマチのオープンをきっかけに多くの人が集まるようになった押上、おしゃれな街として若い人に人気が高い清澄白河、近年マンションの開発が盛んな森下など、両国を中心としたエリアには話題の街が集中しており、そのどこへもアクセスできるのがこの物件の魅力です。」

と、大沢課長はそう語ります。

ディアレイシャス両国
(画像=show999/stock.adobe.com)

「相撲の町・両国」らしく、マンションの周辺には人気力士が所属する相撲部屋が複数あるほか、葛飾北斎の生誕の地に建つ「すみだ北斎美術館」など江戸の風情を感じることができるスポットも至る所にあります。また、複数のコンビニ、クリーニング店、おしゃれなカフェや飲食店もあり生活しやすいエリアです。東へ15分ほど歩けばJR線に加え東京メトロ半蔵門線が通る錦糸町駅、北へ15分歩けば都営地下鉄浅草線の本所吾妻橋駅も利用できます。

ディアレイシャス両国

オートロック&防犯カメラでセキュリティー万全

「ディアレイシャス両国」のエントランスはシルバーグレーを基調とした明るく高級感のある雰囲気。コンクリート打ちっぱなしのフレーミングもおしゃれで個性的です。

ディアレイシャス両国

ポストの下には宅配ボックスが5つあるので、留守中でも荷物の受け取りは安心です。入口はもちろんオートロック。建物の周辺やエレベーター内を映す監視カメラの映像をモニターでチェックすることもでき、セキュリティー面にもしっかり配慮しています。

ディアレイシャス両国
ディアレイシャス両国

部屋は東京スカイツリー®が見える「A」、南向きの「B」「B’」の3タイプ

居室は「A」「B」「B’」の3タイプです。Aタイプは25.62㎡。バルコニーからは東京スカイツリー®を遠望でき一番の人気を誇っています。一方、「B」「B’」は明るい日差しが差し込む南向きの部屋。いずれも広さは25.32㎡です。

全体に白を基調とした室内が多いディアレイシャスシリーズにあって、「ディアレイシャス両国」の居室は壁紙や扉に落ち着いた色合いを取り入れたシックな雰囲気を感じさせます。

ディアレイシャス両国

こうしたデザインには、大沢課長の開発担当としてのこだわりがあるようです。

「せっかく新しいものを作るわけですから、少しでも特徴のあるもの、魅力的なものをオーナー様に提供したいといつも考えています。デザイン以外にも、デッドスペースをなるべく無くす工夫をするなど、無駄なく、使いやすく、それでいて高級感のある居室になるように、必要に応じてアイディアを出しています。」

ディアレイシャス両国

一方で、ディアレイシャスシリーズの特徴の一つである収納スペースの多さはそのまま。居室内の他、玄関部分にある広々としたシューズボックスも魅力的です。

ディアレイシャス両国
ディアレイシャス両国

扉付きの洗濯機スペースなど水まわりも充実

シャワー機能付きの独立洗面台、しっかりと広さを取った浴室など水まわりも充実しています。ガスコンロは2口設置しています。

ディアレイシャス両国
ディアレイシャス両国
ディアレイシャス両国

さらに女性にうれしいのが、扉付きの洗濯機スペース。来客時にたまった洗濯物をうっかり見られてしまうような心配もありません。

ディアレイシャス両国

「両国エリアの価値はこれからも上がり続けます」

実は大沢課長は、これまで隅田・江東エリアで4棟の投資用マンションに関わってきた、いわばこのエリアにおける開発のプロフェッショナル。その大沢課長が「ディアレイシャス両国」を自信を持っておすすめする理由を教えてもらいました。

「かつて、23区内で人気の居住エリアと言えば、世田谷区や目黒区の名が真っ先に上がりました。しかし今、その傾向には大きな変化が見られます。“23区東部エリアは人気がない”というイメージはもう過去のもの。この周辺は今や東京を代表する人気エリアだと言っていいと思いますし、その価値はこれからますます上がると思います。

「ディアレイシャス両国」は、そうした背景を踏まえ、オーナーズマンションとして適した立地かどうかを私自身が冷静に判断し開発したもの。投資用マンションとしてはまさに最高の立地だと思います。」

観光、文化、グルメなど様々な魅力を持ち、多くの人がその名を知る街「両国」。東京の歴史を象徴する街の一つであるこの地にマンションを持つことは、間違いなくオーナー様にとっての大きな誇りやステイタスにつながることでしょう。

ディアレイシャス両国